☆ラオス 3泊4日 2020年4月~2020年9月

●有効期限:2020年4月~2020年9月泊まで
●最小催行人数:1名様
※諸税は変動する可能性がございます。予約時にご確認をお願いいたします。

世界遺産の街・ルアンパバーン観光では、世界遺産エリア内王宮博物館周辺での滞在が大変便利です。
【王宮博物館】はもちろん、【プーシーの丘】や、【メコン川沿いの散策】など、すべてにおいて徒歩圏内。
とりわけタクシーなどの公共交通機関が未発達なルアンパバーンでは【托鉢】や【ナイトマーケット散策】などの、
早朝や夜間観光時の利便に大きな違いが生じます。
王宮博物館から徒歩15分圏内(約1キロ圏内)のホテル確約となる【 世界遺産エリア】にてご用意しました!!!。

スケジュール

ルアンパバーン & ビエンチャン 3泊4日

日程
スケジュール
食事
Day 1
VN662便 シンガポール 15:50発 – ハノイ 18:10着
VN2905便 ハノイ 19:10発 – ルアンパバーン20:30着
現地到着後、現地係員が空港でお待ちしております。
●夕食●『ルアンパバーンの郷土料理』をお楽しみください。
夕食
Day 2
●朝食●ホテルにて朝食をお召し上がりくださいませ。
【ルアンパバーン観光】
◆絢爛豪華なルアンパバーンの繁栄を偲ばせる『王宮博物館』
◆世界遺産ルアンパバーンのシンボル『ワット・シェントーン』
◆黄金のレリーフが見事な『ワット・マイ』
◆ルアンパバーンの街全体が見渡せる『プーシーの丘』
◆ラオス文化を感じられる『伝統工芸センター』
◆ルアンパバーンのメインマーケット『タラート・ポーシー』
●昼食●ルアンパバーン名物『カオソーイ』とラオス名物『カオチーパテー』
◆流れ落ちる水の美しい『クワンシーの滝』と少数民族『モン族の村』
◆独特のデザインの手工芸品などモン族の露店で賑わう『ナイトマーケット散策』
●夕食●有名フレンチレストランにて『ラオフレンチ』
朝食
昼食
夕食
Day 3
ルアンパバーンの風物詩『托鉢見学』と『朝市散策』
●朝食●ホテルにて朝食をお召し上がりくださいませ。
出発まで自由行動。
11時ごろ空港へご案内します(軽食BOXをお渡しします)。
QV102便 ルアンパバーン 13:05発 – ビエンチャン 13:45着
【ビエンチャン市内観光】
◆黄金の塔を持つビエンチャンを代表する寺院『タートルアン』※外観のみ
◆かつてエメラルド仏が安置されていた『ワット・ホーパケオ』
◆6,000体以上の仏像が納めら
朝食
昼食
夕食
Day 4 ●朝食●ホテルにて朝食をお召し上がりくださいませ。
出発まで自由行動後、空港へご案内します。
VN921便 ビエンチャン 11:50発 – ホーチミン 15:05着(プノンペン経由)
VN2905便 ホーチミン 16:10発 – シンガポール 19:15着
朝食
昼食

 

詳細はパンフレットをクリック‼

 

ご予約時に、パスポート情報が必要となります。

※ツインベッドのあるホテルがラオスには少ないため、2名様の場合はダブルベッド1台、3名様の場合はダブルベッド1台+エキストラベッドとなる場合がございます。また、バスタブのない部屋もございます。

ツアーのポイント!

仏教国ラオスならではの黄金に輝く壮麗な寺院の数々は、世界の旅人を魅了し続けています。

ラオスの見どころ観光スポットはもちろん、ラオス名物料理も含む、ぎっしり詰まったHISのプラン‼

観光案内

ルアンパバーン市内

托鉢風景

早朝(朝6時~6時半)にかけて、メインストリートに数百人の僧侶が鮮やかなオレンジ色の衣を纏って列を成します。信仰深い人々がひざまずいて米やおかずなどの食物を僧侶の鉢に入れる風景は仏教国ラオスならでは。
この神聖な行為を見るために、世界から旅人がルアンパバーンに訪れます。


プーシーの丘

古都ルアンパバーンを一望できる、市街中心部の小高い丘。
夕日が美しいスポットとして人気の観光地です。メコン川に太陽が沈み行く洛陽の瞬間に出会うことが出できます。
オレンジ色に染まるノスタルジックな古都のパノラマビューは、まるで時が止まったように美しく、ラオス旅の魅力を実感できる感動的な風景です。


ワット・シェントーン

王族の神聖な儀式にも使用される、美しさと格式を誇る寺院。450年の歴史をもつ古都の象徴です。
ラオス伝統様式の湾曲ラインの屋根が印象的です。
本堂裏側のタイルによって装飾された「マイトーン=生命の樹」のレリーフは特に素晴らしく、一見の価値があります。


王宮

ルアンパバーン王族の栄華をしのばせる壮麗な白亜の宮殿。フランスとラオスの折衷様式の建物が印象的。
現在は博物館になっており、1900年当時の王達の生活様式がわかる調度品が展示されています。
ラオスで最も崇高なパバーン仏を祀る、精巧な金の装飾が施されたお堂も必見です。

ルアンパバーン郊外

クアンシーの滝

ルアンパバーン市内から30km。1時間の距離で出会える絶景スポット、クアンシーの滝。
美しいターコイズブルーの滝つぼが幾層にも連なり、色彩豊かな神秘的な景観を成しています。滝つぼの流れに沿って遊歩道がつくられているため、木漏れ日の下で森林浴をしながら、マイナスイオンを感じるピクニックをお楽しみ頂けます。
クアンシーの滝の下には、美しい天然のプールが広がっており、泳ぐこともできます。


パクウー洞窟

メコン川の断崖絶壁に佇む仏教遺跡。大きく切り開かれた洞窟内に、人々の願いがこめられた4000体の仏像が並ぶ姿は神秘的。
ラオス人の祈りを紡いできた仏像の姿に、ラオス人の仏教への篤い信仰心と千年間という悠久の年月の長さを感じることができる遺跡です。
心地よいラオスの風を受けながら、移ろい行くメコン川の絶景や地元の人々の生活を垣間見られるボートクルーズで「パクウー洞窟」を目指すプランをお楽しみください


少数民族モン族

【H.I.S.オリジナル】繊細な刺繍の伝統衣装を纏うお洒落な少数民族、モン族の村に訪れて、少数民族の生活が体験できます。
通常の観光ではできない、子供たちによる伝統舞踊や手芸体験などモン族の文化と深く触れ合えます!
高い技術が施された繊細な刺繍の入った手芸品は、女性に大人気のお土産品です。


 

 

現地の最新情報は 

↓↓↓

HISの旅ブロ

↑↑↑

で確認できます‼

ルアンパバーン ホテル紹介

 

Victoria Xiengthong Palace(ビクトリア シェントーン パレス)★★★★

 

全26室を有するラグジュアリーホテル。ワット・シェントーンのすぐ近くに立地し、主要観光地は全て徒歩圏内。朝食はメコン川を望むレストランにてお楽しみ頂けます。ホテル前の通りでは朝の托鉢の様子を見学することも可能です。ホテル内にはスパもあり、質の高いサービスが宿泊者に好評です。
 

 

3 Nagas Mgallery by Sofitel(3ナガス Mギャラリー バイ ソフィテル)★★★★

 

築100年以上の伝統建築を改装して作られた高級ブティックホテルです。ホテルは本館と通りを隔てて向かいある別館、隣接するレストランの3棟から構成されています。内部はリニューアルされていますが、あえてクラシカルな雰囲気を残し、鉄やスチール材にはない土壁やチーク材の温もりがゲストを迎えいれてくれます。周囲は寺院が多く静かで落ち着いた滞在が可能です。 ※12/24、12/31に宿泊の場合、ガラディナーと呼ばれる特別ディナーの代金が別途必要となります。詳細についてはお問い合わせください。
 

 

REMARKS

必ずお読みください【ラオス】
含まれているものホテル宿泊、往復航空券、現地空港-ホテル間往復送迎、日程表通りの観光(日本語ガイド)
含まれていないもの燃料税/出国税
諸税は変動する可能性がございます。ご予約時に再度ご確認下さい。
キャンセル規定パンフレットに準ずる
VISA(査証)日本国籍の方は、15日以内の滞在であれば無査証で渡航が可能となります。

●免除の条件
◎ 日本国籍(有効な日本のパスポートを所持している方)
◎ 滞在日数が15日以内の場合
*ラオス入国時にパスポートの残存有効期間が6ヶ月以上必要です。

その他の国籍の方は、必ずVISA取得の必要があるかどうか、ご確認をお願い致します。

メールでのお問合せは以下から!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

題名(商品名をご記入下さい)

メッセージ本文(ご希望の出発日、人数をご記入下さい)

料金表をプリント 料金表をプリント 前のページに戻る